こちらのスポンサーにより短いビデオを見た後で、ヒントを受け取る。
やめる
ヒント:
続ける
あなたは第二次世界大戦のリーダーについてどれだけ知っている?
著者: Torrance Grey
refer to hsw

戦争は我々人間を、戦争を生き延びるだけでなく、戦後の世界で生き延びるための戦いへと誘う。 世界戦争がよく研究や会話の対象となるのは、世界中の人々に影響が及ぶからだ。ただしこのクイズは、ただ単に第二次世界大戦に関する質問をするものではない。 失敗、成功、そして結果的に平和をもたらすこととなった大きな出来事に関わった重要人物についてどれだけあなたが覚えているかを試すものだ。

そのリーダーの中の一人に、ルドルフ・ヘスがいる。 スパイとしての生涯を過ごした彼は、第二次世界大戦のリーダーとしては忘れられがちである。当時副総統であったヘスは、ヘルマン・ゲーリングに次ぐ、ナチス政権における第三の権力者であった。 1941年5月10日、ヘスは小型メッサーシュミット戦闘機でライン川から北海へと飛び立った。 彼は真夜中に、ハミルトン公の元へと急いでいた。 彼は一体何を企んでいたのか? それは、ナチスとの和平交渉に柔軟な態度を示していると噂される、ハミルトン公と面会することだった。 チャーチルとは大違いだ。

ヘスは目的地へ到着する前に、12マイル離れたスコットランドに不時着した。 その後、ヘスはハミルトン公の所へ連れて行かれたものの、交渉は決裂した。 ヘスが、ヒトラーの命令ではなく自身の決断で和平交渉に臨んだことを告げると、彼の「外交関心」が払しょくされ、収監された。 彼は46年もの間、収監者7番として過ごした。 93歳で自殺するまでの20年以上、彼は唯一の収監者だった。

ヘスは唯一指名された副総統であり、なぜヘスがそのような危険を冒したのかについての真実は、歴史に謎を残した。 彼は本当に自分だけの判断で行動したのだろうか? その答えは誰にもわからないので、他に知っていることを確認していこう! クイズが終わったら、ルドルフ・ヘスの謎に関する自論を皆と共有してもいいだろう。

続きを読む
スクロールして開始

ZOO(物事の仕組み)について

Zoo.comでの私たちの目標は、私たち皆が生きるこの忙しい生活の中であなたを楽しませ続けることです。

私たちはあなたが今日の人に役立つ過去の思い出を笑って欲しいです。あなたのインスピレーションをここで見つけてください。

人生は楽しいね! Zoo.comでそれを抱きしめてね。

ZOO(物事の仕組み)について

Zoo.comでの私たちの目標は、私たち皆が生きるこの忙しい生活の中であなたを楽しませ続けることです。

私たちはあなたが今日の人に役立つ過去の思い出を笑って欲しいです。あなたのインスピレーションをここで見つけてください。

人生は楽しいね! Zoo.comでそれを抱きしめてね。